保険はFPに相談することが重要です。

保険はFP相談が重要です。


保険を選ぶ時に、ファイナンシャルプランナー(以下、FP)に
相談をすることはとても重要で
1番有効であると管理人は思っています。
基本的に、FPは保険のプロ、お金管理のプロなので、
FPに相談するのが一番良い保険の入り方です。

 

 

しかし、この一番有効な方法でも
保険に対してあまりにも知識がない場合に
損をしてしまうケースがあります。

 

 

それは以下の2点が主な理由です。

1.保険知識がないために言いなりになってしまう。

 

2.複数のFPに相談しない。

 

1.保険知識がないために言いなりになってしまう。については、保険に入ろうとは思っているものの
具体的に、どの程度の補償額にしようと考えていない場合は
オススメ保険」を提案されると、その言いなりになってしまう可能性があります。

 

 

あとは補償額などを考えていても
想定していた補償額から大きく離れた
提案をされることもあります。

 

 

こういった場合に、
ご自身の補償額を決めた根拠をしっかり持っていないと
悪徳なFPは、大きな補償額がいかにも必要として
金額の大きな保険を薦めてくることがあります。

 

 

大きく離れるプランを提案される場合や
食事でもどうですか?などの提案をしてくるFPには要注意です。
悪徳FPは自分のノルマなどの達成、成績が優先なのです。

 

 

2.複数のFPに相談しない。
についてですが、これも、人がいいとか
○○さんの紹介だから安心とか、
保険商品と、人柄、人間関係は関係ないのです。

 

 

そして、上記の保険知識がないということにも
連携しますが、知識、情報がない時に、
1人のFPだけで保険を決めてしまうと
1人のFPの思惑が反映した提案しか出てこない可能性があります。

 

 

保険の知識がない状態で、1人のFPに相談してしまうと
保険はこういうものと、簡単に納得してしまい
十分他の商品などと比べることなく
保険を選んでしまうことになってしまいます。

 

そして、保険相談では即答しないことも
重要なポイントになります!

 

中には、面倒ですぐに決めたいという
気持ちもわかりますが、結果的に
損をしてしまうのであれば、本末転倒です。

 

 

こういった悪徳FPの戦略に騙されないために
下記にポイントをまとめておきます。

 

複数のFPに相談する。
何社か相談していることを最初に伝える。
保険会社所属のFPだけに相談しない。
即答はしない。

 

保険は長く付き合うもので、当然、お金もかかります。
保険を選ぶときにはある程度、時間をかけ
補償内容も、保険料も、ご自身の状況に合ったものを選びましょう。

 

基本は、色々なFPに相談する。
保険料を安い順にランキングして、安い生命保険を選択。
です。

 

>>生命保険 3つのパターン のページに進む


 
保険<<徹底>>見直し 生命保険で収入発生!! いつ生命保険に入るの? 保険料を抑えよう! プルデンシャル<お得>