終身保険の種類を選んで保険料を抑えよう!

終身保険の種類を選んで保険料を抑えましょう!


終身保険は加入してから
一生涯保障してくれる
期限のない保険です。

 

 

保障期間がないことで、期間切れの心配はなく
いつ亡くなっても必ず受け取れる保険で
安心できるものです。

 

 

特徴としては
60歳や65歳までに払込を終わらせるものが多く
この払込みが終わった後は
そのまま続けるか、介護保険、年金保険、医療保険など
その他の保険に切り替えることも可能な保険が多いです。

 

 

老後になると、加入時の状況とは
異なり、その時に合わせた
変更が出来るようになっているということです。

 

 

この終身型保険ですが
主に3つのタイプがあります。
それぞれの特徴により
保険料も違ってきます。

 

 

重要な点は、解約返戻金です。
これは保険を途中で解約した場合に
戻ってくるお金です。

 

 

3つのタイプを見ていきましょう。
1.通常型
2.低解約返戻金型
3.変額型

 

 

1.通常型
解約返戻金は、加入後、
長く払込めば、これに比例して
増えていくタイプです。

 

 

2.低解約返戻金型
通常型よりも解約返戻金を低く設定することで
保険料を安くしています。
保険料が払い終わると通常型と同じになります。
これは途中解約を目的としない場合に
メリットがあります。

 

 

3.変額型
保険料を運用するタイプです。
解約返戻金と死亡保険金が変動します。
死亡保険金は、最低保証がありますが
解約返戻金は保証なし、運用結果によって
上がったり、下がったりします。

 

 

これら3つの保険、保険料を高い順に並べてみます。
1.通常型
2.低解約返戻金型
3.変額型

 

 

実際の料金は以下のようになります。
条件:保険金500万円、30歳、男性、60歳払込

 

保険料月額
1.通常型 約9,800円
2.低解約返戻金型 約8,300円
3.変額型 約7,500円

 

 

以下に総額も参考に記載します。
(月額 X 12ヶ月 X 30年)
1.通常型 3,528,000円
2.低解約返戻金型 2,988,000円
3.変額型 2,700,000円

 

 

総額で見てみると
価格差はわかりやすいと思います。
変額型が一番安いですね。

 

 

安い保険を選びたいなら
変額型か、低解約返戻金型が良いと思います。
ただし、それぞれのメリット・デメリットを
よく理解して、契約するようにしましょう。

 

 

変額型は、貯蓄性がありますが、リスクもある商品です。
景気が悪くなったら、運用結果も悪くなり
期待した結果にならないこともあります。

 

 

人によっては、貯蓄部分は
別に運用を考える方も増えてきています。
ご自身で運用したい方は検討してみるのも良いかもしれません。

 

 

また、解約返戻金ですが
解約を目的に保険に入ると
解約後の保証がなくなることも
理解しておく必要があります。

 

 

それまでに葬儀代などを
貯金して用意ができるようであれば
解約して返戻金を受け取ることも
良いと思います。

 

 

しかし、貯金ができる方ばかりではない
と管理人は考えていますので
終身保険のメリット、一生涯の保証をしておくのも
お勧めの方法です。

 

>>少しでも保険料を安くするために のページに進む


 
保険<<徹底>>見直し 生命保険で収入発生!! いつ生命保険に入るの? 保険料を抑えよう! プルデンシャル<お得>