ソニー生命保険 変額保険終身型(バリアブルライフ)

ソニー生命保険 変額保険終身型(バリアブルライフ)

私がソニー生命保険株式会社のバリアブルライフに加入した2009年ははあまり知られていませんでしたが、
不況が続き、損しない生命保険に変更・加入することが流行って以来、
バリアブルライフは保険ランキングに登場するようになりました。
日系トレンディ、宝島社の雑誌でよく比較されています。

 

元々、1990年前後のバブル期には評判が良かった終身保険です。
バリアブルライフは良い商品なので、陰の人気生命保険です。

 

利率変動型で、1990年当時は5%くらいと今より予定利率が高かったのです。
その利益で保険料が払えてしまったくらいです。
当時は契約者が保険料を払わなくて済んだ時代だったのです。
この変額終身保険に入っていれば、
その利息で保険料が支払えてしまったほど(=実質、保険料0円)だったのです。

 

ですから、保険を募集する時に、保険会社の営業は
「タダで入れる終身保険」と言って、募集をかけていました。

 

バブルがはじけて、予定利率がぐんぐん下がり
利益が出なくなったので、
保険契約者は払わなくて済んでいた保険料を
払わなければならないハメになりました。

 

保険契約者は一般の消費者ですから
何も理解しないで変額終身保険に入っていたので
「保険料が0円というから保険に入ったのに、騙された!」
と騒ぎになりました。
この変額保険終身型は評判が悪くなり、
だんだん販売されなくなりました。

 

それが長引く不況の中で
お得な保険に入りたいと考える人が増えました。

 

そこには、日本生命や住友生命など国内大手保険会社が
契約者を騙すがごとくお宝保険を転換させてしまったり
契約者が契約内容を理解しにくい
「終身特約付き定期保険(アカウント型)」と言って良いような保険商品を
売りつけるなど営業の仕方に問題があった背景もありました
(2000年頃の話です)。

 

2005年頃から、この変額保険バリアブルライフが見直されました。
詳しい保険販売人は、利率変動はあるものの
おそらく損をしないであろうバリアブルライフを売るようになりました。

 

このバリアブルライフを説明できる保険販売人は勉強している人です。

 

これは説明を聞けば良い商品だと分かるので、
これに入る人が少しずつ増えています。
管理人も入りました。
まだまだ有名になり切っていませんが、
徐々にまた口コミになりつつある商品です。
週刊誌などの生命保険ランキングにも登場するので
注意して見てみると良いでしょう。

 

※バリアブルライフの詳細を聞いてみたい場合、
保険マネモ、保険マンモスなど無料保険相談に聞いてみると良いです。
気に入れば、その人から加入できます。
説明だけ聞いて終わることももちろん可能です。

 



保険manemo(マネモ)

保険マンモス

ほけんの窓口

店舗型の保険相談。自分からお店に行くタイプ。丁寧に保険を教えてくれるのでおすすめです。管理人もここから入りました。

一番歴史のある保険相談会社です。優しく保険相談に乗ってくれて、押し売りがない会社として評判です。

有名になってきた「ほけんの窓口」。野球場の看板に広告を出しています。店舗も多いので、訪問しやすいです。
※3社とも押し売りは一切ありません。
保険相談をして、加入しなくても問題ありません。
オススメ評判の3社です!!

 

>>損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険のページに進む


 
保険<<徹底>>見直し 生命保険で収入発生!! いつ生命保険に入るの? 保険料を抑えよう! プルデンシャル<お得>